エクステ 枝毛

エクステの枝毛はどのように防げばいいの?

エクステも化学繊維に人毛を混ぜているものなどもありますし、100%の人毛エクステであれば地毛と同じく枝毛になってしまうので、見た目がみすぼらしくなってしまったり、絡まったりとストレスがたまってしまうことになりかねません。

 

 

こういった枝毛を防ぐためには、やはり地毛と同じくヘアケアが一番重要になります。

 

特に人毛の場合は人間の髪の毛を切って作られていますから、切られた時点で既に死んだ髪の毛ということになります。

 

死んだ髪の毛には栄養分はもちろん行き渡りませんから、洗髪しているだけでは傷んで枝毛になったりパサパサになりやすくなってしまうのは当然ですよね。

 

 

こういったことを防ぐため1週間に2〜3回程度のヘアトリートメントやヘアパックは当たり前のケア方法ですし、ほとんどの美容院でエクステをつけるとヘアトリートメントなどをするようにアドバイスを受けます。

 

しかし、エクステケアとしてはそれだけでは不十分。

 

なにしろ、地毛のように食べた栄養分が毛根から与えられるわけでもありませんし、化学繊維であれば、なおさら傷みやすくなってしまいます。

 

このような状況を回避するには、毎日お風呂上りにタオルドライした髪に洗い流さないタイプのトリートメントをつけ、根元からドライヤーでしっかり乾かします

 

この時のドライヤーの温度が高すぎると、エクステが変色したり変形してしまう場合もあるので注意しましょう。

 

その後、椿油や馬油などの自然油を薄くエクステ部分に馴染ませから、緩く二つに分けて三つ編みをして就寝するようにしてください。

 

 

この方法を行うだけで、枝毛や絡まりなどを予防できますし長持ちさせることもできますので少し手間がかかりますが、オシャレには時間と手間がかかるものと割り切ってやってみましょう。

 

すでに、枝毛が出来てお悩みの方は地道に自分で枝毛部分をカットしていく方法もありますが、美容室によってはエクステのカットをしてくれるところもあるので、美容師さんに相談してみましょう。

エクステの総合情報

<スポンサードリンク>

エクステの枝毛はどのように防げばいいの?関連ページ

ショートやボブでも付けることができる?
エクステがショートやボブでも馴染むのかどうか気にしている人が多いと言われていますが、ショートでもボブでも大丈夫です。ただ、あまりのショートであれば、取れやすいというデメリットがあります。
編み込みの方法を教えて!
一番スタンダードな編み込みのエクステは、手順も手軽で簡単なので、時間も掛からず仕上げることができます。編み込みを成功させるポイントは、交差する時に髪の毛の束をしっかり垂直に交差するようにすることです。
付け方にクリップを使う方法があるの?
簡単にエクステを付けたい場合は、クリップ付きのエクステを選ぶことをオススメします。エクステの上部にクリップが付いていて、付けたい部分に止めればエクステの装着が完了するというものです。
アレンジは自由自在って本当なの?
人毛のエクステであれば、通常の髪の毛と同じようにコテで巻いたりすることも可能なので、アレンジも自由自在にできます。地毛はいじらずにウェーブヘアにしたり、カラーリングしたり、編み込みしたりできます。
エクステが持つ期間ってどれくらいなの?
エクステの持ちはおおよそ1ヶ月から3ヶ月と言われていますが、大体それぐらいは持ってくれないと困るという目安であって、絶対にそれくらいで外さなくてはならないわけではありません。
エクステにアイロンはつかえるの?!
エクステをつけてロングへアになったので、色んなヘアスタイルに挑戦してみたいものですが、エクステにアイロンを使っても大丈夫なのでしょうか。アイロンを使うことはできますが、使うための条件があるので注意しましょう。
エクステと縮毛矯正・・・どちらが先?
ひと昔前までは、巻き髪の程度や種類によって地名がつくほど、巻き髪が女性の象徴となっていましたが、最近ではストレートヘアが注目され、エクステもストレートでと希望する人も増えてきているようです。
エクステは脱色できるの?
エクステは美容室でつけることがほとんどなので、美容師が地毛に合うエクステを付けてくれるのが当たり前ですが、紫外線などで地毛が傷んで地毛の方が明るくなってしまうことは珍しいことではありません。
エクステをつけるとフケが増えるって本当?
エクステをつけたことがある人にアンケートをとってみると、約80%ほどの人が「フケが増えた」とか「フケ対策で悩んでいる」と思っているようですが、実際にはエクステとフケには直接の因果関係はありません。
グラデーションカラーは出来るの?
最近では、髪の毛の中間から毛先にかけて明るいトーンの染色やグラデーションのように施されるグラデーションカラーという手法が流行っているようです。エクステでもグラデーションカラーを試したいと思う方も多いのではないでしょうか?
痛みや違和感はあるの?!
ヘアアレンジやヘアスタイルを簡単に変えることができるエクステは、オシャレ女子の必須アイテムといえるでしょう。そんなエクステに関するアレコレ情報を紹介します。
エクステしていてもポニーテールはできる?
暑さをしのぐためにポニーテールにすることがあるかもしれませんが、エクステでロングにしたので、オシャレとしてポニーテールや夜会巻きなどをされる方も多いのではないでしょうか。