エクステ アレンジ

エクステのアレンジは自由自在って本当なの?

人毛のエクステの場合、普通の髪の毛と同じようにコテで巻いたりすることも可能ですので、アレンジはとても自由です。

 

地毛は一切いじらずにウェーブヘアにしたり、カラーリングしたようなファッションにしたり、複雑な編み込みにしてもいいですし、髪留めのように簡単にワンタッチで付けてもOK。

 

地毛を傷めずに毎日のオシャレが本当に楽しくなるのがエクステの一番良いところです。

 

 

地毛にウェーブパーマをかけたりストレートパーマをかけたりすると、本当に髪の毛は傷んでしまいます。

 

自分の髪の毛はエクステのように取り替えたりは出来ませんから、一番大切にしなくてはいけません。

 

ヘアチョークという選択肢もありますが、意外に髪の毛のキューティクルを傷めたり、シャンプーでしっかり落とさないと艶や潤いが無くなってパサパサになってしまう場合もあります。

 

地毛は変にいじらないに越したことはないのです。

 

 

また、普段は学校や仕事で髪の毛をいじれない場合でも、一瞬でまったく違うファッションに変身出来るというのもエクステのとても素敵なところです。

 

オフを楽しんだ後はまったく元通りのヘアスタイルに戻れますから、自由自在ですね。

 

前髪のみのエクステもたくさん出ていますので、顔周りだけでもアレンジすれば、ぱっつん髪からワンレンに早変わりなんてことも出来ます。

 

前髪を切り過ぎた!なんていう場合でも、自然な斜め分けアレンジも可能です。

 

逆に地毛がワンレンの場合、ハサミを入れずに可愛い前髪を作ってあげることも可能ですね。

 

エクステの総合情報

<スポンサードリンク>

エクステのアレンジは自由自在って本当なの?関連ページ

ショートやボブでも付けることができる?
エクステがショートやボブでも馴染むのかどうか気にしている人が多いと言われていますが、ショートでもボブでも大丈夫です。ただ、あまりのショートであれば、取れやすいというデメリットがあります。
編み込みの方法を教えて!
一番スタンダードな編み込みのエクステは、手順も手軽で簡単なので、時間も掛からず仕上げることができます。編み込みを成功させるポイントは、交差する時に髪の毛の束をしっかり垂直に交差するようにすることです。
付け方にクリップを使う方法があるの?
簡単にエクステを付けたい場合は、クリップ付きのエクステを選ぶことをオススメします。エクステの上部にクリップが付いていて、付けたい部分に止めればエクステの装着が完了するというものです。
エクステが持つ期間ってどれくらいなの?
エクステの持ちはおおよそ1ヶ月から3ヶ月と言われていますが、大体それぐらいは持ってくれないと困るという目安であって、絶対にそれくらいで外さなくてはならないわけではありません。
エクステにアイロンはつかえるの?!
エクステをつけてロングへアになったので、色んなヘアスタイルに挑戦してみたいものですが、エクステにアイロンを使っても大丈夫なのでしょうか。アイロンを使うことはできますが、使うための条件があるので注意しましょう。
エクステと縮毛矯正・・・どちらが先?
ひと昔前までは、巻き髪の程度や種類によって地名がつくほど、巻き髪が女性の象徴となっていましたが、最近ではストレートヘアが注目され、エクステもストレートでと希望する人も増えてきているようです。
エクステは脱色できるの?
エクステは美容室でつけることがほとんどなので、美容師が地毛に合うエクステを付けてくれるのが当たり前ですが、紫外線などで地毛が傷んで地毛の方が明るくなってしまうことは珍しいことではありません。
エクステをつけるとフケが増えるって本当?
エクステをつけたことがある人にアンケートをとってみると、約80%ほどの人が「フケが増えた」とか「フケ対策で悩んでいる」と思っているようですが、実際にはエクステとフケには直接の因果関係はありません。
エクステの枝毛はどのように防げばいい?
エクステには、化学繊維に人毛を混ぜたものや100%人毛のものがありますが、100%の人毛エクステの場合、地毛と同じように枝毛になってしまうので、地毛と同じくヘアケアが重要になります。
グラデーションカラーは出来るの?
最近では、髪の毛の中間から毛先にかけて明るいトーンの染色やグラデーションのように施されるグラデーションカラーという手法が流行っているようです。エクステでもグラデーションカラーを試したいと思う方も多いのではないでしょうか?
痛みや違和感はあるの?!
ヘアアレンジやヘアスタイルを簡単に変えることができるエクステは、オシャレ女子の必須アイテムといえるでしょう。そんなエクステに関するアレコレ情報を紹介します。
エクステしていてもポニーテールはできる?
暑さをしのぐためにポニーテールにすることがあるかもしれませんが、エクステでロングにしたので、オシャレとしてポニーテールや夜会巻きなどをされる方も多いのではないでしょうか。