エクステ 付け方 クリップ

エクステの付け方にはクリップを使う方法があるの?

とても簡単にエクステを付けたいと思ったら、クリップ付きのエクステを選ぶのが一番です。

 

エクステの束の上部にクシ型のクリップが付いているもので、付けたい部分にパチンと止めればそれでもうエクステの装着完了というとてもお手軽なファッションですね。

 

髪留め感覚で付けられるので、1日だけのイベントとして付けて楽しむにはこのタイプのエクステが良いでしょう。

 

付け方はとても手軽ですが、より自然に付けるには、やはり付けたい部分を最初にブロッキングしておくと良いですね。

 

 

ワンタッチエクステなどと呼ばれていますが、安いものでは500円くらいでいろいろな色が売っています。

 

こうしたエクステは髪の毛の一部分だけをカラーリングしたようなイメージで使うのがポイントですから、派手目な色を選んだほうが効果的ですね。

 

地毛の中に隠れ過ぎてしまうと目立ちませんし、あまり表面に付けてしまうとちょっと見た目が悪くなってしまうので、耳下や耳上あたりのちょうど目線の行くあたりにうまくピン部分を隠して付けるのがポイントです。

 

最初のブロッキングでしっかり位置決めをしておくと失敗しませんね。

 

 

昔はショッキングピンクやエメラルドグリーンなどが流行りでしたが、最近ではゴールドや、控えめなカラーで毎日のおシャレのワンポイントに使う人も増えてきているようです。

 

何と言っても手軽で安価ですから、本当にアクセ感覚で付けられるので嬉しいですね。

 

何色か持っておいて服に合わせて変えるのもオシャレです。

エクステの総合情報

<スポンサードリンク>

エクステの付け方にはクリップを使う方法があるの?関連ページ

ショートやボブでも付けることができる?
エクステがショートやボブでも馴染むのかどうか気にしている人が多いと言われていますが、ショートでもボブでも大丈夫です。ただ、あまりのショートであれば、取れやすいというデメリットがあります。
編み込みの方法を教えて!
一番スタンダードな編み込みのエクステは、手順も手軽で簡単なので、時間も掛からず仕上げることができます。編み込みを成功させるポイントは、交差する時に髪の毛の束をしっかり垂直に交差するようにすることです。
アレンジは自由自在って本当なの?
人毛のエクステであれば、通常の髪の毛と同じようにコテで巻いたりすることも可能なので、アレンジも自由自在にできます。地毛はいじらずにウェーブヘアにしたり、カラーリングしたり、編み込みしたりできます。
エクステが持つ期間ってどれくらいなの?
エクステの持ちはおおよそ1ヶ月から3ヶ月と言われていますが、大体それぐらいは持ってくれないと困るという目安であって、絶対にそれくらいで外さなくてはならないわけではありません。
エクステにアイロンはつかえるの?!
エクステをつけてロングへアになったので、色んなヘアスタイルに挑戦してみたいものですが、エクステにアイロンを使っても大丈夫なのでしょうか。アイロンを使うことはできますが、使うための条件があるので注意しましょう。
エクステと縮毛矯正・・・どちらが先?
ひと昔前までは、巻き髪の程度や種類によって地名がつくほど、巻き髪が女性の象徴となっていましたが、最近ではストレートヘアが注目され、エクステもストレートでと希望する人も増えてきているようです。
エクステは脱色できるの?
エクステは美容室でつけることがほとんどなので、美容師が地毛に合うエクステを付けてくれるのが当たり前ですが、紫外線などで地毛が傷んで地毛の方が明るくなってしまうことは珍しいことではありません。
エクステをつけるとフケが増えるって本当?
エクステをつけたことがある人にアンケートをとってみると、約80%ほどの人が「フケが増えた」とか「フケ対策で悩んでいる」と思っているようですが、実際にはエクステとフケには直接の因果関係はありません。
エクステの枝毛はどのように防げばいい?
エクステには、化学繊維に人毛を混ぜたものや100%人毛のものがありますが、100%の人毛エクステの場合、地毛と同じように枝毛になってしまうので、地毛と同じくヘアケアが重要になります。
グラデーションカラーは出来るの?
最近では、髪の毛の中間から毛先にかけて明るいトーンの染色やグラデーションのように施されるグラデーションカラーという手法が流行っているようです。エクステでもグラデーションカラーを試したいと思う方も多いのではないでしょうか?
痛みや違和感はあるの?!
ヘアアレンジやヘアスタイルを簡単に変えることができるエクステは、オシャレ女子の必須アイテムといえるでしょう。そんなエクステに関するアレコレ情報を紹介します。
エクステしていてもポニーテールはできる?
暑さをしのぐためにポニーテールにすることがあるかもしれませんが、エクステでロングにしたので、オシャレとしてポニーテールや夜会巻きなどをされる方も多いのではないでしょうか。